名刺作成は素材や加工にこだわる!最新の技術などを紹介

名刺

MENU

名刺作成におけるコーティング

女性

名刺は大抵紙でできており、それが大量印刷を可能とする理由の一つですが、何も加工しないのは寂しいと感じる人もいるかもしれません。そこで、作成業者にコーティングを依頼することもできますが、本当にそうしたオプションは必要なのでしょうか。
コーティングとは、防水加工を施したり、UV加工を施したりする方法です。いわば特殊な場所で使用されることを想定した名刺ですが、一般的な企業に勤めている方にははっきりいって必要のないオプションでしょう。普通に名刺を渡す際に、水に濡れることはほとんどありません。近くにあったお茶をこぼした時くらいでしょうか。何にせよ、そうなれば代わりの名刺を渡せば済むため、やはり必要ありません。
あえて必要になるケースを挙げるとすれば、常に濡れる可能性のある職場で働いている場合などでしょう。その場合には防水加工が役立つ可能性も高まりますし、追加料金を支払って加工してもらった名刺も輝けるというものです。
コーティングは名刺作成において必須ではありませんし、大抵は必要ないものです。しかし、あくまで一般的にはなので、自分には必要だと思えばコーティングしてももちろん問題ありません。作成業者に依頼しなければ難しいので、それは忘れずにおきましょう。

紙以外の名刺作成

自分だけの名刺作成をしたい場合、紙以外にこだわって作成される方は意外と多いのです。特に最近では、スタイリッシュな名刺を配布しているビジネスマンも増えているため、自分だけのオリジナリティを出そうとしているのならとても効果的でしょう。
たとえば、プラスチック製の名刺はどうでしょうか。紙と違って濡れても問題ありませんし、追加料金もそれほど紙と変わりません。紙以外では高い人気を誇っている素材なので、紙以外の素材に手を出すのなら初めての名刺作成でも手を出しやすいでしょう。また、透明性の高い名刺も作成できるため、近未来デザインな名刺作成をしてみたいのならこちらをオススメします。
あるいは、木製の名刺もオプションとして用意していることが多く、実際に人気を博しています。木の暖かみを実感できる方法なので、落ち着いた雰囲気を出したいのなら効果的でしょう。ただし、木製名刺はプラスチックと比べて容易が大変ですし、たくさん配るには向いていないかもしれません。
紙でなければならない道理はありませんが、まだまだ基本は紙の名刺です。相手によっては受け入れられない名刺かもしれないため、名刺を渡す相手は選んだほうが賢明でしょう。

名刺作成する際に気を付けたい「余白」について

名刺作成にあたって、決まったルールや規定はありません。しかし、あまりに常識から外れてしまってはビジネスにも支障をきたしかねません。ですので、ここでは名刺作成の際の注意点について知っておきたいと思います。まず、名刺を作るにあたって大事なとこは中身の明確化です。
これはどのようなことかと言いますと、必ず記載しておいたほうがいい項目があります。主に自分の名前、会社と部署の名前、住所、電話番号、メールアドレスです。シンプルなほうが見栄えはいいですが、上記の内容は最低限載せるようにしましょう。また、必要にあたって事業内容やSNSの情報も載せると良いでしょう。しかし、あまりに文字がギッシリしていては見にくいです。
ですので、適度な余白を残しておくことも重要です。このように余白を残すことでゆとりが生まれ、例え同じ情報でも見易さの点で大きく変わります。そして、このように仕上げるにはどうしても文字を小さくしがちです。あまりにも小さくすると、年配の方に渡した際に見づらい場合があります。名刺を渡す相手のことも考えて、文字のサイズは小さくしすぎないように工夫をすると良いでしょう。以上のように名刺作成の際は、情報量と見易さのバランスを考えることが大事と言えます。


【かっこいい名刺を作成しませんか?】名刺作成はアピールするアイテムです!ビジネスでおける挨拶に必要な名刺を格安で高品質で作成してくれるアドプリントは人気が高いのです!名刺の作成を依頼したい方はぜひアドプリントを活用していただくことを推奨します!

CONTENTS

男性

名刺で人柄が見える世の中

人脈を確実に築いていくには、経営者もしくは社長自らが出向いて自己アピールをする必要があります。名刺作成はデザインにおけるコンセプトから発案していくことが重…

»more

名刺交換

名刺作成と全体のバランス

名刺の完成度を左右するのが、文字のバランスです。特に、文字揃えは、名刺の印象を大きく変えるポイントとなります。揃え方には、左側に合わせる左揃え、右…

»more

名刺を渡している人

プライベートとビジネス用の名刺を作成する

自己紹介がうまくできない、そんな人は自分をアピールする名刺を制作しましょう。制作する際、ビジネスとプライベート用を分けるのがベタです。ビジネス用はどんな会…

»more

TOP